2013年05月16日

ラオスの風を密かに上映しよう

どうも、久々のスタッフカズです。

ラオスの風、完成したのはいいけど、どうやって広めていけばいいのか。

何かを作る才能と広める能力はまた違う気もする。

好きなことと出来ること、やりたいことは違ったりもする。

いいものが出来るかどうかと、広まるかどうかがぴったり一致するわけでもないと思う。
ただ少なくとも、上映会を中心に「これを多くの人に見てもらいたい!」と思う人が爆発的に増えていく、そこで人と人が繋がっていく、という形で広がっていく映画は、いいものであるのは鉄板だと思う。

僕らGreenDropのお姉さん(お兄さん??)のHart of Miracle の活動を追っかけて見ていると、人と人が繋がって大きな力が生まれて来ること、響き合うことでより大きなムーブメントになっていくことがよく分かる。

山梨で「僕のうしろに道はできる」を上映した時に、カフェや集会所など、10人前後の小さな会場で、何度もスタッフを希望する方向けの小さな試写会をやって、多くの人に知ってもらった上で、南アルプス市のカナリアホールと言う数百人規模のところでの本番につなげていた。

正直、百人規模のところで上映するような動きを今すぐには出来る気がしないので、小さい会場でコツコツと上映していくことからスタートしていきます。
うん、それで反応が悪ければそれまで、でもそうはさせんぞ〜。

試写会をしたり、何度も見返したりしてよく分かることは、この映画だけでは完結していないこと。

カウンセリングの世界で、初めてカウンセラーとして出会う方とのやり取りや過程は、結局その人のカウンセラーとしてのその後を全て含んでいるなんて、僕らの周りではよくいわれています。

僕の初めて作ったこの映画も、途上国支援、権利、人の心の幸せの場所、自給自足の生活、小さなコミュニティー、感情にとらわれないスマートな仕組みづくり、人が人として生きる意味、批判しない生き方、などなど、今後自分が映画やそれ以外のことでも追求していきたいテーマがほとんど全て入ってしまっています。

うん、一時間じゃ消化まで出来ない。

でも、だからこそか、映画の後にラオスのことや社会のこと、村での話をすると、すごく盛り上がる。

映画の後に僕が話をしたら3倍面白くなり、もしJVCの平野さんや田中優さんが話をしたら五倍十倍、僕と平野さんや、僕と優さんのコンビで話したら50倍、三人で話をしたら100倍くらい面白くなると思う。

だから、まずは掛井監督付きで上映会、やります!

そんで平野さんも早く呼んで下さいよ、って言ってるし、沢山の人に平野さんや、JVCの取り組みを伝えたいから、ちょっと大きなところで出来るようにして平野さんと一緒に上映会やります!

そんで最後は田中優さんも読んで、がっつりとラオスや海外支援の話、震災の話をしようと思います!

うん、決定!

目指せ1000人!

てなわけで、とりあえずラオスの風うちでやってみない?なんて思う方、海外支援でも自給自足の話でもいいので、ウチはこんな話してくれると嬉しいな、って方、広めるの協力したいよ!って方、もしいたら、っていうか絶対にいると思うので、是非連絡を下さい。
そして僕の方からも、どんどん声を掛けていきますよ〜!

現在、「ワクワクする未来の創り方」「ラオスの風」「森と生きる」のGreenDrop3作のフライヤーを作っています。
今ある分でも白黒でよければ、送って欲しい方は是非連絡を下さい。

フライヤーが出来たらまた紹介しますね。

そして一緒に身の回りの世界を変えつつ、そして僕たちのどこへ向かっていくべきなのか、一緒に考えていきましょう。

それが、生きるってことだと思います
タグ:ラオス
posted by ゆらゆら at 00:46| Comment(0) | 日記